プライベート用腕時計のデメリット

健康面に悪影響を及ぼすことも

ビジネスシーンでは腕時計をしているけど、プライベートでは腕時計をしないという人が増えてきています。一昔前だと、高級腕時計を身につけることが一種のステータスになっていたり、自己表現のためのアイテムとして腕時計が用いられたりしていましたが、価値観の変化やライフスタイルの多様化に伴い、腕時計離れが顕著になりつつあります。スマートフォンの時間表示で事足りるというのがプライベートで腕時計をしない理由としては最もポピュラーですが、健康面に悪影響が及ぶというデメリットが理由になっている人も多いようです。具体的なデメリットについてですが、夏場につけていると手首が汗ばんで汗疹が出来てしまう、金属アレルギーで赤みや痒みが生じる、重い腕時計をつけることが負担になり肩こりに発展するなどがあります。

日常生活において不便や不都合が生じる

勤務中は仕事に集中しているので腕時計の存在をさほど意識せずに済むかもしれませんが、プライベートな時間は自由や開放感を求めがちで腕時計の存在が邪魔に感じたりします。それがプライベート用の腕時計が敬遠される理由やデメリットにつながります。日常生活におけるデメリットとしては、オフの日のファッションコーディネートに違和感なく溶け込むデザインの腕時計を探すのが難しかったり、水仕事などの家事をするときに付け外しをするのが面倒だというのがあります。手首は人目につきやすいパーツであるため、腕時計をつけているとそのデザインやブランドで人間性を判断されてしまうという問題もつきまといます。デメリットを解消させるために腕時計選びを工夫するという方法もありますが、無くて困らないならプライベート用腕時計は使用しないという選択をするでしょう。